ザ・スコア・ダイニング

レストラン&バー

26階の「ザ・スコア・ダイニング」は、音楽を共有するために必要な“楽譜”になぞらえた4つのレストランが競演するエリア。多くの賞に輝くスターシェフたちによる、独創的な美食の数々を楽しめるデスティネーション・レストランです。食通をも唸らせる、驚きと感動に満ちたメニューを取り揃え、それぞれの個性や空間を生かしたレストランとバーによる、多彩な味の合奏をお楽しみください。ギリシャ語で“リズム”を意味するカフェ&バー「リュトモス」は、スコア・ダイニングの世界へお客さまをいざなうエントランスです。続くイタリアングリル「メロディア」は、音楽を構成する要素のひとつであるメロディをイメージ。「リュトモス」の空間とデザインをゆるやかに引き継ぎ、「メロディア」の空中に浮かぶ照明が音符を思わせます。東京のパノラマが広がる圧巻の眺望が堪能できる「チャイナシャドー」は、王道のチャイニーズをベースに新たな食材やエッセンスを掛け合わせた中国料理の数々を提供します。そしてアトリウムの中央、「リュトモス」と「メロディア」の間には、鉄板焼「風音」。また、便利なインルームダイニングやプライベートダイニングなど、ストリングスが奏でる美食の競演をお楽しみください。

イタリアングリル「メロディア」

イタリアングリル「メロディア」は、音楽の要素である“メロディ”をイメージ。「リュトモス」の空間とデザインをゆるやかに引き継ぎながら、空中に浮かぶ照明が音符を思わせます。6層分の吹き抜けのある開放的なアトリウムは、爽やかな陽射しが差し込み、夜はキャンドルライトがきらめく心地よい空間。長さ26メートルのガラスブリッジが美しく光を反射します。

鉄板焼「風音」

雅楽からインスピレーションを得た“序破急”をコンセプトに、序・破・急の三部分に分けてお料理を提供。緩急のリズムを生かしたコースをご堪能ください。

カフェ&バー「リュトモス」

26階に位置し、天井高27メートルの開放感あふれる空間が印象的なアトリウム。明るい雰囲気とカラフルなインテリアが、仲間と語らう時間を華やかに演出します。東京のナイトライフを楽しむ前の待ち合わせの場としても最適です。

*2019年11月下旬よりオープンいたします

プライベートダイニング

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルは、さまざまな目的に合わせてご利用いただけるプライベートダイニングルームをご用意しています。

インルームダイニング

ストリングスが提供する多彩なメニューを、24時間いつでもお好きなタイミングでお部屋にお届けいたします。