イタリアングリル「メロディア」

モダンながらも温かみのあるデザインのイタリアングリル「メロディア」は、音楽の要素である“メロディ”をイメージ。「リュトモス」の空間とデザインをゆるやかに引き継ぎながら、空中に浮かぶ照明が音符を思わせます。ダイナミックなオープンキッチンではシェフたちが腕を振るい、イタリアンやグリル料理が目の前で出来上がっていく様子が目を楽しませます。朝昼夜、旬食材の旨みを最大限に引き出したメニューという旋律を変化させながら、グリル料理を中心に詩というストーリーを紡ぐ「メロディア」。総料理長 オリヴィエ・ロドリゲスが手がける、アートのようなプレゼンテーションでお届けするコースメニューは、美しいメロディのように優雅に展開されます。ご家族やご友人とのランチからワインペアリングで楽しむ華やかなディナーコースまで、様々なシーンでご利用ください。